【中古】 類聚三代格(1) 尊経閣善本影印集成37/前田育徳会尊経閣文庫(編者) 【中古】afb
【再入荷!】 【中古】 類聚三代格(1)【中古】afb【中古】 尊経閣善本影印集成37/前田育徳会尊経閣文庫(編者)【中古】afb, AYARD:d9569f40 --- omodeisrl.it

【再入荷!】 【中古】 類聚三代格(1)【中古】afb【中古】 尊経閣善本影印集成37/前田育徳会尊経閣文庫(編者)【中古】afb, AYARD:d9569f40 --- omodeisrl.it

ナンペルシア語ウルドゥー語ウイグル語 نان‎ nān ナーン、ヒンドゥスターニー語 nān / नान / نان ナーン、タミル語 நான் nān英語naan/nan ナーン/ナン)は、インドパキスタン中央アジアタジキスタン中国新疆ウイグル自治区ウズベキスタンアフガニスタンイランクルディスタンなどで食べられるパンである。

語源はペルシア語。平たく楕円形で、大きな草履のような独特の形をしていて、所々ぽこぽこ膨れているものが多い。インドのものは他国と異なり、二等辺三角形あるいはへら型をしている。パキスタンやウイグルのナンは丸いものが多い。ウイグルのギルデ・ナン(girde nan)は中央に穴があいており、形はベーグルとよく似ている。

小麦粉、水、酵母を主材料とし、国によってはヨーグルト牛乳、油脂、時には鶏卵、少量の砂糖スパイス類も入ることがある[1]